LOVE happiness Life~ジェルネイル&美容マニアへの道のり~

『愛すべきはhappinessな日常』をモットーに生きています☆ ジェルネイル・美容・ファッション・お出かけ・家族をこよなく愛しています♪いつか美容マニアと呼ばれたい!!
2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

★ダイエット成功記~②食事編~★

人気ブログランキング←クリックお願いしますは-と

★くるみのダイエット成功記~②食事編~★

ワタシのダイエットのベースとなったのは、「低炭水化物ダイエット」です

まず始めるにあたって、かなり勉強しました~

ちょっと知識が必要ですね~

このダイエットは、忠実にルールを守ればほとんどの人がちゃんと痩せていくんじゃないかなーと思いました

でも向き不向きがあるし、けっこう厳しい制約がいっぱいあって、続けていくのはなかなか難しいかも・・・

ワタシのダイエット中の食事を紹介します



●朝●
バナナ1本
オールブランクッキー1/2袋

●昼●
普通のおかず
ライ麦パン(食パン5枚切りサイズ)2/3枚

●夜●
普通のおかず
木綿豆腐2/3丁

↑始めの1ヶ月はこんな感じです

●米・パン・麺・お菓子・果物(糖分の高いもの)は一切口にせず、飲み物は水・お茶・ブラックコーヒー・ストレートティーのみ

●間食は一切しない

●食事をお腹が苦しくなるほど食べ過ぎない

細かい制約はまだまだたくさんありますが、大元のルールはこの3つです

これを忠実に守れば、始めの1ヶ月は運動しなくてもおもしろいほど体重が落ちました
(元々痩せてる人は論外です)

「普通のおかず」とは、ワタシは実家暮らしなので、家族と同じおかずを食べるということです

ただし、イモ類は抜いてもらっていました

炭水化物はカラダに必ず必要なエネルギーです

だから絶対に完全に抜いたりしてはいけないのです

1日に100gは必ず必要です(脳を動かすため)

100gは脳の活動で消費されるため、逆に言うと1日の炭水化物の摂取量を100gに近い量に押さえれば、体の活動に必要なエネルギーを、カラダに蓄えられている脂肪から消費するようになります

ワタシは割と凝り性で、きちんと炭水化物量を計算していました

朝40・昼40・夜20

この数値を目標として摂取していました

2ヶ月目からは、様子を見ておやつを取り入れていきました

何もかも我慢してストレスがたまると、続けられなくなると思ったので・・・

おやつは、摂るタイミングと量にコツがあって、食前もしくは食後にすぐ摂ることです

食事から時間をあけると、カラダがそれを間食だと認識します

食事といっしょに摂取すると、カラダがおやつを食事の一部と認識してくれます

ただし、量はほんの少しです

チョコ1切れ、クッキー1枚、とかね

友達と食事に行って、ケーキを1口もらうってだけでも気分はずいぶんまぎれますよ~


このダイエットのいいところは、外食ができるところです

特に居酒屋なんかはすごく都合がいいですね~


あと注意点は、ダイエットをやめるとき、急に元の食事に戻さないことです

リバウンドします(笑)

ワタシは、まず昼をご飯に変えて、1ヶ月くらいかけて夜も豆腐からご飯にかえました

目標体重になったら、少しずつもとの食生活に戻すことが大事です


【補足】
炭水化物・糖質・砂糖この3つは全て違う成分ですが、(厳密には表現が違う)低炭水化物ダイエットには全てがタブーです

そこら辺は栄養学的なハナシになっちゃうので、興味のある人は調べてみてください



~③運動編へ続く~

良かったらぜひ、クリックお願いしますは-とネイルブログランキング
関連記事
[ 2008/11/27 20:56 ] ダイエット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
RANKING
現在2つのランキングに参加中♪
↓1日1クリック応援お願いします!!

br_decobanner_20100112212809.gif←1ぽち★
にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ←2ぽち★
↑ステキなネイルBlogたくさん♪↑
BlogList
大好き♥ブログリンク集♪
相互リンクも受付中です♪
Powered By 画RSS
↑最新50件が表示されます♪
表示名を変更希望の方はお気軽にどうぞ♪
楽天ランキング
楽天ヘビーユーザーのくるみ♪


●オススメ●




●ジェルネイル●




●スキンケア●




●メイクアップ●




●レディースファッション●




●楽天トラベル●


カテゴリ